室谷文音 -ayane muroya-(抒情書家)

 

室谷文音 プロフ写真(小)

大阪府に生まれ。
10歳の時三輪裕子作「緑色の休み時間」を読み感動、13歳で単独渡英する。
2003年ロンド ン、セントラル•セイント•マーティン美術大学卒業。
2006年に抒情書家の父•一柊、母•朱琴と共に京都府美山町から石川県能登町へ移住。
2008年に能登町内浦長尾にアトリエ「桃花林」を構える。
以降、海外からのアーティストを石川に招き展覧会を開催するなど勢力的に活動。
2011年~2015年 5年間連続で金沢市しいのき迎賓館にて展覧会を開催。
2014年からは能登の手漉き和紙を世界に広めるプロジェクトを始める。
ベルリン国際映画祭の通訳や翻訳の活動も行う。
2016年から能登を拠点に活動中。